りょぴろぐ

マルチスキルとクリエイティブをテーマに情報発信をするメディア

8月にプロジェクトを立ち上げて全国をヒッチハイクで巡ります

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Ryoppe:20180709200728j:image

こんにちは!りょっぴです。

最近、なかなか記事を更新できないでいます。やりたいことがたくさんありすぎて、ブログにまで手が届かないという状況です。やりたいことの一つに、とあるプロジェクトの計画があります。それは夏休みを利用して、「全国をヒッチハイクで巡る」プロジェクト。まだまだ計画中のプロジェクトで、これから始動していくので、今回はぼくの決意表明として記事を読んでもらえればと思います!

 

3ヶ月前に「現代アート」にどハマり

3ヶ月前(2018年4月)に、大学の講義で「現代アート」の授業をとってから、アートの世界へ関心を持ちはじめました。それからというもの、都内(いや、県外も)の美術館に行って展覧会を見てきました。

これまでに参加した展覧会
4/20(金) 東京国立近代美術館「MOMATコレクション」
4/23(月) GYRE「落合陽一の個展」
5/3(木) 原美術館「コレクション展」
5/18(金) 埼玉県立近代美術館「モダンアート再訪」
6/15(金) 平塚市美術館「タグチコレクション」
6/22(金) 国立新美術館「文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」
6/29(金) 21_21 DESIGN SIGHT「AUDIO ARCHITECTURE」
7/1(月) DIC川村記念美術館「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画」
7/4(水) 森ビルデジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス」
7/5(木) 東京都美術館「プーシキン美術館展」
7/5(木) 上野の森美術館「ミラクルエッシャー展」

 

また大学の図書館を利用して、現代アート関連書籍を読み漁りました。読んだ本の一覧については省略させてください(たくさんありすぎてまとめきれません)。

いろいろなアート関連本を読んで知識を身につけ、数多くの美術館に足を運んでいると、現代アートの楽しみ方がみえてきました。現代アートが「なぜ盛り上がらないのか」「親しみにくい趣味であるのか」を自分なりに考えました。その答えを、アートに少しでも興味を持った方々と共有したく、まずは自分でメディアを立ち上げることにしました。

はじめてのWordpressに挑戦

このブログは「はてなブログ」で更新していて、新しくWordpressでメディアを作りました。全く未知の「Wordpress」でのメディア運営は思いのほか、うまくいっていません(何をどういじったらいいのか難しい…)。まだカスタマイズどころか、記事もアップできていないのですぐにコンテンツを充実させていきます。準備が整いしだい、このページにリンクを貼って告知したいと思います。

なぜ全国を巡る旅に出るのか

ここまで記事を読んでくださった方は、もうお察しかと思います。ぼくが全国をまわる旅にでる理由は、「現代アートもしくはアートに触れたくて、全国の美術館をまわりたい」からです。ただ、どうせ行くなら新しく作っていくメディアだけでなく、多くの方に展覧会や美術館の様子を届けたい。そこで、いよいよ本題のプロジェクトのお話に入っていきます。

アート入門者のための雑誌をつくる

全国の美術館へ行って、展覧会のレポートを更新する。それから多くの人を巻き込んで、アートに興味を持っていて、これからアートの世界に足を踏み入れようとしている方々に「アートの楽しみ方」を伝える雑誌を届ける。これが、夏休みを利用してぼくが達成しようとしているプロジェクトです。

助けて…く…ださい…

お金がないんです。助けてください…

ヒッチハイクで全国をまわるのも、金銭的理由からです。(ヒッチハイクの方が楽しそうという理由もだいぶあります。また、ヒッチハイクをすることでより多くの人を巻き込めると考えているのも理由の一つです。)

まだ計画が途中であやふやな、漠然としたプロジェクトを支援してもらうのは、申し訳ないので、改めてクラウドファンディングで詳細を説明した上で支援を募りたいと考えています。そのときはどうか、想いだけでも励みになりますので、協力していただけるとうれしいです。

プロジェクトに向けて

クラウドファンディングでプロジェクトページを立ち上げるのは、8月中旬を予定しています。それまでに、やることをまとめます。

  • 現代アート特化メディアのコンテンツ制作
  • プロジェクトページの作成
  • 8月初めのヒッチハイク旅(中部地方)で感覚をつかむ

それぞれに相当な時間を費やしたいので、できればアルバイトもやめたいところですが、本当にお金がないんじゃあ。できる限りは、自分で費用をまかないたいます。

プロジェクトへの日々の取り組みについては、ぼくのTwitterアカウントかこちらのブログで更新しますので、ぜひチェックしてみてください。

twitter.com

 

本気でやりたいことなので、死んでも達成させますよ。
応援よろしくお願いします。

 

そんじゃあ!